バカラ モンテカルロ/カジノゲームの必勝法の攻略法の徹底

バカラ モンテカルロ/カジノゲームの必勝法の攻略法の徹底

バカラのモンテカルロ法

バカラのモンテカルロ/カジノ

 

バカラでモンテカルロ法を使う際の注意点をまとめると以下のようになります。

 

モンテカルロ法の特徴

 

  • 数列を使って賭け金を決める攻略法。勝てば数字を消し、負けると数字を追加する
  • 2倍配当のゲームで使える「2倍モンテカルロ法」と、3倍配当のゲームで使える「3倍モンテカルロ法」がある
  • 高い確率で利益を出せるが、1セット終了まで時間がかかることもある

 

バカラでの実践方法

 

  • 最初に3桁や5桁の数列をメモする(例:1,2,3)
  • 両端の数字を足した金額を賭ける(1+3=4なので4ドル賭ける)
  • 勝てば両端の数字を消し、負ければ負けた金額の数字を右端に追加
  • 数列が全て消えるか1つになるまで続ける

 

注意点

 

  • 数列が1つ残った状態で終了すると、マイナス収支になることがある
  • 負けが続くと数列が長くなり、リスクが高まる
  • 事前に損切りラインを決めておき、それを超えたら損切りする
  • 感情的にならず、ルールを守って冷静にプレイする

 

以上のように、モンテカルロ法はバカラで利益を出せる可能性が高い攻略法ですが、リスク管理をしっかり行い、改良版の手法なども取り入れながら賢く活用することが大切だと言えます。勝率を上げるためのツールとして、うまく取り入れていきましょう。

モンテカルロ法でバンカーに賭ける

バカラのモンテカルロ/バンカー

 

モンテカルロ法をバカラのバンカーベットに適用する際は、以下の点に注意が必要です。

 

  • バンカーベットの配当は1.95倍なので、計算が複雑になる。ノーコミッションバカラを使うのがおすすめ。
  • バカラはプレイヤーまたはバンカーのどちらかが勝ち続けることが多いので、長く負け続けると賭け金が大きくなっていく。
  • 勝率を50%近くキープするために、同じ場所(バンカー)にベットし続けるのが良い。ベットする場所を変えると勝率が下がる可能性がある。
  • モンテカルロ法は基本的に2回の負けを1回の勝ちで取り戻す仕組み。バカラで連敗が続くと賭け金が急速に増えるわけではないが、ゲームが長引くほど賭け金の増加率は大きくなる。
  • 負けが続いた場合は、無理をせず損切りをする。事前に損切りラインを決めておくと良い。

 

以上の点に気をつけながら、モンテカルロ法の基本ルールに則ってバンカーベットを続ければ、長期的に見て利益を出すことができるでしょう。ただし、勝率は完全に50%ではないので、損失のリスクもあることを理解しておく必要があります。

 

ノーコミッションバカラでモンテカルロ法のメリット

ノーコミッションバカラは、通常のバカラとは以下の点が異なります。

 

  • バンカーベットで勝利した場合、5%のコミッション(手数料)が発生しない。代わりに、バンカーの合計が6で勝利した時のみ、配当が1.5倍(50%控除)となる。
  • バンカーベットで勝利した場合(バンカーの合計が6以外)、配当は賭け金の2倍となる。これは通常のバカラのバンカー勝利時(1.95倍)より有利。
  • バンカーベットの還元率が98.95%と高く、長期的にプレイヤー有利となる。一方で、バンカーの合計が6で勝利した場合の配当は1.5倍と低い。

 

つまり、ノーコミッションバカラはバンカーベットに特化したルールで、コミッションがなく基本的に2倍配当となるため、バンカーベットを継続する分には有利なゲームとなっています。

 

ノーコミッションバカラでモンテカルロ法を使うメリットは以下の通りです。

 

勝率が低くても長期的に利益を出せる
モンテカルロ法は負けた時の損失を抑えながら、勝った時の利益を最大化できる攻略法です。そのため、勝率が50%を下回っていても、長期的には利益を出すことができます。

 

大きな資金を必要としない
負けた時のベット額の増え方が緩やかなため、マーチンゲールなどの倍々法に比べて必要な資金が少なくて済みます。

 

心理的プレッシャーが低い
ベット額が大きく増えないため、大きな損失に見舞われるリスクが低く、心理的プレッシャーが低めです。

 

簡単に実践できる
数列を使ってベット額を決めるだけの単純な方法なので、初心者でも比較的簡単に実践できます。

 

ノーコミッションバカラは勝率が高く、モンテカルロ法の長所を最大限に活かせるゲームだと言えます。しかし、連敗が続くとベット額が徐々に高くなるデメリットもあるので、資金管理には十分注意が必要です。

 

2倍モンテカルロ法とは?

2倍モンテカルロ法とは、配当が2倍になるカジノゲームで使われるベッティングシステムの一種です。以下のような特徴があります。

 

最初に数列(例えば1,2,3)を決め、その両端の数字の合計金額を賭けます。
勝った場合は、数列の両端の数字を消します。負けた場合は、賭けた金額を数列の右端に追加します。
数列が空になるまで(つまり利益が出るまで)このプロセスを繰り返します。
ルーレットの「赤/黒」、バカラの「プレイヤー」、シックボーの「大/小」など、配当が2倍になるベットで使われます。

 

2倍モンテカルロ法のメリットは、連敗が続いてもベット額が極端に増えないことです。また堅実に利益を積み重ねられます。

 

デメリットとしては、1セットに時間がかかることがあげられます。また、最後に1つ数字が残った時点で終了すると、マイナス収支になるケースもあります。

2倍モンテカルロ法と、3倍モンテカルロ法の比較

2倍モンテカルロ法と3倍モンテカルロ法の違いは以下の通りです。

 

2倍モンテカルロ法

  • 勝率約50%で、勝った時の配当が2倍になるゲームで使用できます。
  • 勝った場合、数列の両端の数字を1つずつ消去します。
  • 負けた場合、数列の右端に新しい数字を追加します。

 

なので、2倍モンテカルロ法はバカラのようなゲームにむいています。

 

3倍モンテカルロ法

 

  • 勝率約33%で、勝った時の配当が3倍になるゲームで使用できます。
  • 勝った場合、数列の両端の数字を2つずつ消去します。
  • 負けた場合は、2倍モンテカルロ法と同様に数列の右端に新しい数字を追加します。

 

なので、3倍モンテカルロ法は、賭け方によって勝率約33%になるルーレットのようなゲームに向いています。

 

主な違いは勝った時の数列の消し方と、適用できるゲームの勝率と配当倍率が異なる点です。3倍モンテカルロ法の方が勝率は低いものの、勝った時の配当が大きくなります。

 

モンテカルロ法の計算アプリ

バカラでモンテカルロ法を使う際の計算アプリとしては、以下のものがおすすめです。

 

casino bet(iPhone)

 

casino bet(android)

 

カジノベットアプリは、オンラインカジノなどで使えるさまざまなシステムベットを簡単に利用できるようにするアプリです。

 

主な機能

  • マーチンゲール法、パーレー法、モンテカルロ法、31システムなど、複数のシステムベットに対応
  • 賭け金や数列の履歴をログとして残し、振り返りができる
  • 今後も新しいベットシステムを追加予定

 

システムベットを使ってカジノゲームをする際の補助ツールとなるアプリで、ユーザーはさまざまな賭け方を簡単に実践できます。