ベガウォレット カジノ/WalletのVega

ベガウォレット カジノ/WalletのVega

ベガウォレット対応のカジノ

ベガウォレットのカジノ/オンカジ

 

ベガウォレットは、オンラインカジノの入出金に利用できる電子決済サービスです。2022年6月に提供を終了したVenus Point(ヴィーナスポイント)の後継サービスで、ユーザーアカウントを引き継げたり、ポイントバックなどのサービスや対応しているオンラインカジノはほぼ同じです。

 

ベガウォレットに対応しているオンラインカジノは、以下の通りです。

 

 

ベガウォレットは、入出金手数料が安く、ポイントバックなどのサービスがあるため、オンラインカジノプレイヤーに人気の電子決済サービスです。オンラインカジノでベガウォレットを利用したい方は、ベガウォレットの公式サイトからアカウント開設をしましょう。

 

ホーム | Vega Wallet(公式サイト)

 

 

オンカジでベガウォレットを使うメリット

ベガウォレットは新しい決済サービスながら、ポイントバックやイベントなどのメリットが多数あり、オンラインカジノユーザーから支持を集めています。

 

高額ポイントバック制度

 

入金時に0.6%、出金時に0.2%のポイントバックがあり、使えば使うほどお得になります。1ヶ月のポイントバック上限は20,000ポイントと高額。毎月10日頃にポイントが自動的にアカウントに反映されます。

 

ポイント増額チャンス
ベガウォレットでは毎週火曜日と土曜日に「ベガの日」と呼ばれる抽選会が開催されます。この日にベガウォレットを利用するとポイントバックが最大500倍になるチャンスがあります。ベガIDの下3桁が当選番号と一致すれば500倍、下2桁が一致すれば50倍、下1桁が一致すれば5倍のポイントバックが受けられます。

 

手数料が低め

 

入出金手数料が無料か低めに設定されているため、コストを抑えられます。

 

出金スピードが速い

 

出金リクエストから実際の出金までの時間が短く、スピーディーに出金できます。

 

オンカジでベガウォレットを使うデメリット

オンカジでベガウォレットを使う主なデメリットは以下の通りです。

 

土日祝日の換金手続きができない

 

ベガウォレットは平日のみ換金手続きができ、土日祝日は換金できません。 これはベガウォレットを利用する上での大きな制限点です。オンカジで遊んでいる最中に換金したくなった場合、休日は対応できないためです。

 

一部の銀行への出金ができない
利用規約には特に記載がないのですが、ベガウォレットでは楽天銀行と池田泉州銀行への出金ができません。 この2行以外の主要銀行であれば出金可能ですが、利用する銀行が限られてしまうデメリットがあります。

 

関連)利用規約 | Vega Wallet

 

ベガウォレットでは、一部の銀行に対して出金業務を停止している模様です。入金業務については、どの銀行を利用してもOKです。ただし、以前出金に関してトラブルがあった「楽天銀行」と「池田泉州銀行」については、出金先の銀行として選ぶことができないようです。これら2行以外の国内の銀行であれば、メガバンク、ネット銀行、地方銀行などは現在のところ、ベガウォレットから出金可能です。

 

350ポイント未満の出金には手数料がかかる

 

平日でも出金額が350ポイント(350円相当)未満の場合は手数料がかかります。 少額の出金を頻繁に行うと手数料の負担が大きくなる可能性があります。

 

換金額に上限がある

 

1日の換金額の上限が50万円までと決められています。 大口の出金を行いたい場合は何日かに分けて出金する必要あり。あまりに高額だと、出金するまでに長期間かかることになります。

 

関連)ベガウォレットの出金