ブラックジャックのインシュランスとは?カジノのルール、戦略

ブラックジャックのインシュランスとは?カジノのルール、戦略

ブラックジャックのインシュランスとは

ブラックジャックのインシュランスとは

ブラックジャックのインシュランスのメリット、デメリット

ブラックジャックのインシュランスのデメリット
ブラックジャックのインシュランスとは、ディーラーのアップカードがA(エース)の場合に、ディーラーがブラックジャックになる可能性に対して保険をかけるオプションです。インシュランスをかけることで、ディーラーがブラックジャックを達成した場合の損失を軽減することができます。

 

インシュランスの仕組み
インシュランスは、プレイヤーが最初の賭け金の半額を追加でベットすることで行われます。ディーラーがブラックジャックを達成した場合、インシュランスベットは3倍の配当が支払われます。例えば、最初のベットが100ドルで、インシュランスに50ドルを賭けた場合、ディーラーがブラックジャックを達成すると、50ドルの3倍である150ドルが支払われ、最初の100ドルの損失を相殺することができます。

 

インシュランスのメリット

  • 損失の軽減: ディーラーがブラックジャックを達成した場合、インシュランスをかけていれば損失を最小限に抑えることができます。
  • カードカウンティングとの併用: カードカウンティングを行うことで、シュー内の10や絵札の数を把握し、インシュランスの成功確率を高めることができます。

インシュランスのデメリット

  • 期待値の低さ: インシュランスは期待値が低いベットとされており、長期的には損をする可能性が高いです。ディーラーがブラックジャックを達成する確率は約30%であり、残りの70%ではインシュランスベットが無駄になります。
  • 追加コスト: インシュランスをかけるためには追加の賭け金が必要であり、これが無駄になる可能性があります。

インシュランスをかけるべきか?
多くの専門家は、インシュランスをかけることは推奨されないとしています。理由は、期待値が低く、長期的には損をする可能性が高いためです。ただし、カードカウンティングを行っている場合や、特定の状況下ではインシュランスが有効となることもあります。
具体的なインシュランスの使い方

  1. ディーラーのアップカードがAの場合: ディーラーが「インシュランスオープン」と宣言します。
  2. インシュランスベット: プレイヤーは最初の賭け金の半額を追加でベットします。
  3. 結果の確認: ディーラーがブラックジャックを達成した場合、インシュランスベットの3倍の配当が支払われます。達成しなかった場合、インシュランスベットは没収されますが、ゲームは続行されます。

結論
ブラックジャックのインシュランスは、ディーラーがブラックジャックを達成するリスクに対する保険として機能しますが、期待値が低いため、一般的には推奨されません。カードカウンティングを行っている場合や特定の状況下では有効となることもありますが、基本的には慎重に判断する必要があります。

ブラックジャックのインシュランスの期待値

インシュランスの期待値(EV)は一般的に負の値であり、長期的には損をする可能性が高いとされています。

 

インシュランスの期待値
インシュランスの期待値を計算するためには、ディーラーがブラックジャックを持つ確率とその配当を考慮する必要があります。一般的に、ディーラーがエースをアップカードとして持っている場合、ブラックジャックを完成させる確率は約30%です。
期待値の計算方法

  1. 成功確率: ディーラーがブラックジャックを持つ確率は約30%(0.30)。
  2. 失敗確率: ディーラーがブラックジャックを持たない確率は約70%(0.70)。
  3. 配当: インシュランスベットの3倍(2:1の配当)。

期待値(EV)は以下のように計算されます:

 

EV=P(BJ)×Payoff−P(No BJ)×Insurance Bet

 

ここで、

  • P(BJ) はディーラーがブラックジャックになる確率
  • Payoff はインシュランスが成功した場合の配当(通常はインシュランスベットの2倍)
  • P(No BJ) はディーラーがブラックジャックにならない確率
  • Insurance Bet はインシュランスに賭けた金額(通常は元のベットの半額)

 

具体的な数値を代入すると、次のようになります。

  • ディーラーがブラックジャックになる確率
  • P(BJ) は約30%(0.30)
  • ディーラーがブラックジャックにならない確率
  • P(No BJ) は約70%(0.70)
  • インシュランスの配当は2倍
  • インシュランスに賭けた金額は元のベットの半額とする

 

したがって、インシュランスの期待値は次のように計算されます。
EV=0.30×2−0.70×1=-0.10
この結果、インシュランスの期待値は -0.10 となり、長期的には損をすることがわかります。
インシュランスの有効性と戦略
多くのブラックジャックの専門家や統計データは、インシュランスベットが長期的には不利であることを示しています。以下のポイントを考慮すると、インシュランスを避けるべき理由が明確になります:

  • ハウスエッジ: インシュランスベットのハウスエッジは約7.5%と高く、プレイヤーにとって不利です。
  • 期待値の低さ: 期待値が負のため、長期的には損失が積み重なります。
  • カードカウンティング: カードカウンティングを行うことで、インシュランスの有効性を高めることができますが、これは高度な技術を要します。

経験者のエピソード
あるオンラインカジノプレイヤーは、インシュランスを頻繁に使用していたが、最終的には資金が減少していくことに気づきました。彼は「インシュランスは一見魅力的に見えるが、実際には長期的に損をすることが多い」と述べています。
結論
ブラックジャックのインシュランスベットは、短期的にはリスクヘッジとして有効に思えるかもしれませんが、長期的には期待値が低く、損失を招く可能性が高いです。基本戦略に従い、インシュランスを避けることが推奨されます。カードカウンティングを駆使する場合を除き、インシュランスは一般的に避けるべきベットです。
詳細な情報や戦略については、以下のリンクを参照してください:

ブラックジャックのインシュランスのタイミング

ブラックジャックのインシュランスのタイミング
ブラックジャックにおけるインシュランス(Insurance)は、ディーラーのアップカードがエース(A)の場合にのみ選択できるオプションです。このオプションは、ディーラーがブラックジャックを達成する可能性が高いときに、プレイヤーが自分のベットを保護するために使用します。

 

インシュランスのタイミングと戦略
インシュランスを選択するかどうかは、以下のポイントを考慮して判断します。

  1. ディーラーのアップカードがエース: インシュランスはディーラーのアップカードがエースのときにのみ選択できます。このとき、ディーラーがブラックジャックを達成する確率は約30%です。
  2. 期待値の低さ: 多くの専門家は、インシュランスは長期的には損をする可能性が高いと指摘しています。インシュランスの期待値はマイナスであり、基本戦略においても推奨されていません。
  3. カードカウンティング: カードカウンティングを行っている場合、インシュランスの有効性が変わることがあります。カードカウンティングにより、デッキに残っている10点カードの割合が高いと判断できる場合には、インシュランスを選択する価値があるかもしれません。

 

関連)ブラックジャックのカウンティングツール

 

インシュランスの具体的な例

  • 例1: プレイヤーが10ドルを賭けている場合、ディーラーのアップカードがエースであれば、プレイヤーは5ドルをインシュランスとして追加で賭けることができます。ディーラーがブラックジャックを達成した場合、プレイヤーは元の10ドルを失いますが、インシュランスベットの15ドルを受け取るため、トータルでは損益ゼロとなります。
  • 例2: ディーラーがブラックジャックを達成しなかった場合、インシュランスベットの5ドルは没収され、ゲームは通常通り進行します。この場合、プレイヤーは元のベットでディーラーと勝負を続けます。

結論
インシュランスは、ディーラーのアップカードがエースのときにのみ選択できるオプションであり、ディーラーがブラックジャックを達成する可能性に対する保険です。しかし、期待値が低いため、基本的にはインシュランスを選択しない方が長期的には有利です。カードカウンティングを行っている場合には、状況に応じてインシュランスを選択することも考えられます。

 

関連)ブラックジャックの必勝法ってある?