ブラックジャック スプリット/Splitのタイミングの徹底

ブラックジャック スプリット/Splitのタイミングの徹底

ブラックジャックのスプリット

ブラックジャックのスプリット/Split

 

 

ブラックジャックのスプリットは、プレイヤーが最初に配られた2枚のカードが同じ数字の場合に、そのカードを2つのハンドに分けてプレイするアクションです。スプリットを行うことで、プレイヤーは2つの独立したハンドで勝負することができ、勝利のチャンスを増やすことができます。
スプリットの基本ルール

 

同じ数字のカードが配られた場合

  • 例えば、「8・8」や「J・J」などのペアが配られた場合にスプリットが可能です。

賭け金の追加

  • スプリットを行う際には、最初の賭け金と同額を新たに賭ける必要があります。これにより、合計で2倍の賭け金が必要となります。

スプリット後のプレイ

  • スプリット後、それぞれのハンドにもう1枚ずつカードが配られ、通常通りヒット(カードを引く)やスタンド(カードを引かない)などのアクションを行います。

スプリットのメリットとデメリット
メリット

  • 弱いハンドを強化
  • 例えば、「7・7」(合計14)のような弱いハンドをスプリットすることで、強いハンドに育てることができます。
  • 特に「A・A」や「8・8」のペアは、スプリットすることで次に来るカードが「10」や絵札であれば、強力なハンドを作ることができます。
  • ディーラーのバストを狙う
  • ディーラーがバストしそうな状況でスプリットを行うと、2倍の利益を得るチャンスが生まれます。

デメリット

  • 追加チップが必要
  • スプリットを行う際には、追加の賭け金が必要となるため、持ち金に応じて慎重に判断する必要があります。
  • 強いハンドを弱くするリスク
  • 例えば、「10・10」のペアは既に「20」という強いハンドであるため、スプリットせずそのまま勝負する方が有利です。

スプリットのタイミング
スプリットすべきタイミング

  • A・Aのペア
  • エースは1と11の両方の値を持つため、スプリットすることで次に「10」や絵札が来ればブラックジャックを狙えます。
  • 8・8のペア
  • 8のペアは合計16という弱いハンドですが、スプリットすることで強いハンドに変えることができます。

スプリットすべきでないタイミング

  • 10・10のペア
  • 既に「20」という強いハンドであるため、スプリットせずそのまま勝負する方が有利です。
  • 5・5のペア
  • 5のペアは10を引くことで「20」という強いハンドになるため、スプリットせずにダブルダウンやヒットを選択する方が良いです。

ブラックジャックのスプリットのメリット

ブラックジャックのスプリットのメリット
ブラックジャックにおける「スプリット」とは、最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合に、そのハンドを2つに分けてプレイするアクションです。このアクションにはいくつかのメリットがあります。

 

1. 弱いハンドを強化できる
スプリットの最大のメリットは、弱いハンドを強化できる点です。例えば、7のペア(合計14)はブラックジャックでは弱いハンドですが、スプリットすることで2つの新しいハンドを作り、それぞれに新しいカードを引くことができます。これにより、より強いハンドを作るチャンスが増えます。

 

2. 勝率の向上
スプリットを適切に行うことで、勝率を向上させることができます。特に、エースのペアや8のペアはスプリットすることで非常に強力なハンドを作ることができます。エースのペアをスプリットすると、それぞれのハンドがブラックジャック(21点)になる可能性が高まります。

 

3. ディーラーのバストを狙える
ディーラーのアップカードが弱い場合(例えば、4, 5, 6など)、スプリットを行うことでディーラーのバストを狙う戦略が有効です。ディーラーがバストする確率が高い状況では、スプリットすることで2つのハンドで勝利するチャンスが増えます。

 

4. 期待値の向上
スプリットを適切に行うことで、期待値を向上させることができます。例えば、8のペアをスプリットすることで、2つのハンドがそれぞれ18点や19点になる可能性が高まり、勝率が上がります。

 

5. 戦略的な柔軟性
スプリットを行うことで、プレイヤーは戦略的な柔軟性を持つことができます。例えば、ディーラーのアップカードが強い場合でも、スプリットを行うことでリスクを分散し、複数のハンドで勝負することができます。

 

具体的なスプリットの例

  • エースのペア: エースのペアは必ずスプリットするべきです。エースをスプリットすると、それぞれのハンドがブラックジャックになる可能性が高まります。
  • 8のペア: 8のペアも必ずスプリットするべきです。8のペアをスプリットすることで、2つの新しいハンドがそれぞれ18点になる可能性が高まり、勝率が上がります。

注意点
スプリットには追加の賭け金が必要となるため、持ち金に応じて慎重に判断する必要があります。また、スプリットを行うべきでないハンドも存在します。例えば、10のペアはそのまま20点として非常に強いハンドなので、スプリットするべきではありません。

ブラックジャックのスプリットの表

ブラックジャックのスプリットは、最初に配られた2枚のカードが同じ数字の場合に、それらを2つの別々の手に分けるアクションです。スプリットを行うことで、プレイヤーは2回勝つチャンスを得ることができますが、追加のベットが必要となります。以下に、スプリットの基本的な戦略を表形式で示します。
ブラックジャックのスプリットの基本戦略

カードのペア スプリットの推奨 理由
エース (A, A) 常にスプリット エースのスプリットは強力な手を作るチャンスを増やします。
8 (8, 8) 常にスプリット 8のペアは合計16という弱い手から脱出する良い方法です。
10 (10, 10) スプリットしない 10のペアは既に強い手であり、勝利の可能性が高いです。
5 (5, 5) スプリットしない 5のペアは10として扱い、ダブルダウンするのが最適です。
9 (9, 9) ディーラーのアップカードが2~6、8、9の場合スプリット 9のペアはディーラーの弱い手に対して有利です。
7 (7, 7) ディーラーのアップカードが2~7の場合スプリット 7のペアはディーラーの弱い手に対して有利です。
6 (6, 6) ディーラーのアップカードが2~6の場合スプリット 6のペアはディーラーの弱い手に対して有利です。
4 (4, 4) スプリットしない 4のペアはスプリットしても強い手になりにくいです。
3 (3, 3) ディーラーのアップカードが2~7の場合スプリット 3のペアはディーラーの弱い手に対して有利です。
2 (2, 2) ディーラーのアップカードが2~7の場合スプリット 2のペアはディーラーの弱い手に対して有利です。

スプリットの詳細と注意点

  • エースのペア: スプリット後は1度しかヒットできない場合が多いです。
  • 8のペア: 合計16という弱い手から脱出するため、常にスプリットが推奨されます。
  • 10のペア: 既に強い手であるため、スプリットしない方が良いです。
  • スプリット後のダブルダウン: カジノやゲームによってルールが異なるため、事前に確認が必要です。

まとめ
ブラックジャックのスプリットは、戦略的に非常に重要なアクションです。適切なタイミングでスプリットを行うことで、勝率を大幅に向上させることができます。特にエースと8のペアは常にスプリットすることが推奨されますが、10のペアはスプリットしない方が良いです。スプリットのルールや条件はカジノによって異なるため、事前に確認することが重要です。