エルドアカジノ 違法/ないの出金の日本の逮捕の勝つ

エルドアカジノ 違法/ないの出金の日本の逮捕の勝つ

エルドアカジノの違法

エルドアカジノの違法/20%
エルドアカジノは違法ではありません。

 

エルドアカジノは海外の合法的なオンラインカジノ運営会社によって運営されています。キュラソー政府からライセンスを取得しており、適切に規制されています。

 

日本の法律では、オンラインカジノの利用者を処罰する明確な規定はありません。

 

警察庁は「オンラインカジノの利用は犯罪」と注意喚起していますが、これは法的根拠に基づくものではなく、単なる見解の表明にすぎません。

 

弁護士など専門家の間でも、オンラインカジノの利用者を処罰する法的根拠は希薄であるという見解が多数を占めています。

 

ただし、将来的な法改正などで状況が変わる可能性もあるため、最新の情報に注意が必要です。

 

警察によるエルドアカジノの摘発情報

エルドアカジノ自体は合法的に運営されている海外のオンラインカジノですが、日本国内からエルドアカジノにアクセスして賭博行為を行うと、賭博罪に問われる可能性があります。以下の点から、その理由を説明します。

 

日本国内からオンラインカジノを利用すると違法
日本の賭博罪は、「賭場開帳幇助罪」と「賭博罪」の2つに分けられます。
「賭場開帳幇助罪」は、賭場を開いたり賭博を助けたりする行為を処罰する法律です。
「賭博罪」は、賭博に参加する行為自体を処罰する法律です。
つまり、日本国内からオンラインカジノにアクセスして賭博に参加すれば、「賭博罪」に問われる可能性があります。

 

エルドアカジノ利用者の逮捕事例
2022年11月、YouTuberの「ストマック」こと藤野正一容疑者(49)が、東京の実家などからエルドアカジノにアクセスし賭博をしたとして、常習賭博の疑いで逮捕されました。
2023年9月、千葉県在住のユーチューバーが、エルドアカジノのスロットで賭博をしたとして、常習賭博容疑で逮捕されました。

 

関連)賭博投稿のユーチューバー、常習賭博罪で初公判 登録者数12万人 | 毎日新聞

 

いずれも、Youtubeで、客観的にエルドアカジノを利用していることが明らかになっているケース。

 

これらの事例から、日本国内からエルドアカジノを利用している事実を公開すれば、逮捕される可能性があることがわかります。

 

エルドアカジノ自体は海外で合法的に運営されていますが、日本の法律の下では国内からアクセスして賭博に参加することは違法とされています。プレイヤーは自己責任で遊ぶ必要があります。

 

エルドアカジノは、何らかの摘発を受けたのでしょうか?

 

エルドアカジノ自体が摘発されたという事実はありません。2023年に入っても問題なく営業を続けています。
2022年12月に台湾でオンラインカジノ関連の摘発事件がありましたが、これはエルドアカジノの下請けマーケティング会社に対する強制捜査でした。

 

2022年12月、台湾でオンラインカジノを運営していた坂本拓也氏が逮捕されました。エルドアカジノとの直接の関係は不明です。

 

エルドアカジノの見解

 

エルドアカジノは、台湾の事件について公式声明を出し、問題のあった外注先との契約を解除したと説明しています。

 

エルドアカジノ自体の運営には違法性がなく、キュラソーライセンスなどを取得して合法的に運営していると主張しています。

 

したがって、エルドアカジノそのものが摘発された事実はありませんが、そのサイトを利用した賭博行為については、日本国内で逮捕事例が複数確認されています。エルドアカジノの運営側は合法性を主張していますが、利用者側が国内で賭博行為をすれば違法となる可能性があります。