カジノ ハイローラー/ギャンブラーの最高のHigh

カジノ ハイローラー/ギャンブラーの最高のHigh

カジノのハイローラー

カジノのハイローラー/High
カジノにおけるハイローラーとは、多額の賭け金を使う富裕な顧客のことを指します。 その基準は曖昧ですが、一般的には1回の賭けで最低でも$1,000以上を賭けられる資金力が必要とされます。

 

ハイローラーへの特別待遇
ハイローラーは、カジノの重要な収入源であるため、様々な特別待遇を受けます。

 

  • 無料の飲食や宿泊
  • 専用のゲームルームやディーラー
  • 送迎や航空券の手配
  • キャッシュバックやボーナス
  • 専任のホストによるきめ細かいサポート

 

カジノはハイローラーを惹きつけるため、豪華な特典を用意しています。 一方で、ハイローラーは気まぐれで別のカジノに移ることもあり、カジノ側は常に新規開拓や定着化に努めています。

 

オンラインカジノでのハイローラー向けサービス
オンラインカジノでも、ハイローラー向けのVIPサービスが充実しています。

 

  • 高額ベッティングが可能なVIPテーブル
  • 高額入出金の上限設定
  • 専任のVIPマネージャーによるサポート
  • 豪華な海外旅行やボーナスなどの特典

 

ハイローラーと呼ばれるギャンブラー

カジノのハイローラー/ギャンブラー
ハイローラーと呼ばれる有名なギャンブラーには以下のような人物がいます。

 

横澤真人
日本人のユーチューバーでプロポーカープレイヤーとして活躍している横澤真人は、オーストラリアのカジノでバカラで29億円を勝った実績があります。

 

ケリー・サン
香港の不動産王ケリー・サンは、マカオのカジノで一晩で5,800万ドル(約63億円)を使ったことがあるハイローラーです。

 

フィル・アイビー
オーストラリア人のフィル・アイビーは、2014年にマカオのカジノでバカラで2,000万ドル(約22億円)を勝ったことで有名です。

 

ファルアイビーの借金 伝説のポーカーのギャンブラー

 

横澤真人は、どんな人?

本名: 横澤真人(よこさわ まさと)
生年月日: 1992年12月10日(30歳)
出身地: 神奈川県横浜市
最終学歴: 立教大学経済学部会計ファイナンス学科中退
職業: プロポーカープレイヤー、YouTuber、実業家

 

経歴

  • 18歳で自身の会社を設立し、アフィリエイトビジネスで収益を上げていた
  • パチンコ・パチスロのプロ(パチプロ)として活動していた時期もあった
  • 21歳でポーカーの世界大会「WPT」に出場し、日本人初の優勝を果たす
  • YouTubeチャンネル「世界のヨコサワ」を開設し、ポーカー動画を投稿
  • 2020年にはオンラインポーカー大会「WSOP」で優勝し、約1,260万円の賞金を獲得
  • 2022年に「Global Poker Awards 2021 ベストパーソナリティ賞」を日本人初受賞
  • 2021年に友人と渋谷でアミューズメントポーカー店「ROOTS SHIBUYA」をオープン

 

横澤真人は幼少期からパソコンスキルに長け、10代で起業家となった。その後、パチプロからポーカープレイヤーへと転身し、世界大会で優勝するなど頭角を現した。YouTubeでの活動と並行してポーカーの賞金を得ながら、実業家としても活躍している。

ケリー・サンはどんな人?

ケリー・サン(本名チャン・イン・サン)は、中国出身の実在する世界的なギャンブラーです。

 

ケリー・サンの経歴

 

  • 1976年生まれ、中国広東省出身。
  • 幼少期は非常に貧しく、母親が段ボールでサンダルを作るほどだった。
  • 15歳の頃から本格的にギャンブルを始め、バカラで15万ドルを一獲した。
  • 20代はハイステークスなジェットセッターとして、世界中のカジノを渡り歩いた。
  • フィル・アイビーとチームを組み、「エッジソーティング」という手法でミニバカラで大金を稼いだ。
  • 2020年公開予定の映画『The Baccarat Machine』で、オークワフィナが彼女を演じることになっている。

 

関連)The Baccarat Machine - IMDb

 

ケリー・サンは幼少期の貧しい生活から抜け出し、ギャンブルの才能と賭け事への情熱を武器に、カジノで大金を稼ぐ世界的なギャンブラーへと成り上がった人物です。 彼女の人生は非凡で、映画化されることからも注目を集めています。

 


 


 

 


 

Claude 3.5 Sonnet の特徴

 

高性能 GPT-4oを上回る

 

高速処理 Opusの2倍の速度

 

コスト効率 Opusの1/5のコスト

 

マルチモーダル 画像処理能力向上

 

新機能: Artifacts