ミニバカラ ルール/違いのシンプルの特徴

ミニバカラ ルール/違いのシンプルの特徴

ミニバカラのルール

ミニバカラのルール/違い
ミニバカラのルール
ミニバカラは、カジノ初心者でも楽しめるシンプルなゲームです。通常のバカラと基本的なルールは同じですが、ゲームが簡略化されており、短時間で結果が出るため、気軽に参加できます。以下に、ミニバカラのルールとゲームの流れを詳しく説明します。

 

関連)バカラのルール

 

ゲームの目的
ミニバカラの目的は、「バンカー」と「プレイヤー」のどちらのカードの合計が9に近いかを予想し、その結果に賭けることです。ここでの「プレイヤー」は自分自身ではなく、賭けの対象を指します。プレイヤーはゲームの結果を予想し、賭ける「観察者」の立場になります。

 

カードの数え方
ミニバカラでは、カードの数え方が他のカードゲームと異なります。以下のように数えます:

  • A(エース):1
  • 2~9:そのままの数字
  • 10、J(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング):すべて10

カードの合計値の下1桁が9に近い方が勝利となります。例えば、カードの合計が15の場合、その下1桁の5が有効な数字となります。

 

ゲームの流れ

  1. ベット額の選択:まず、賭け金額を選びます。最低ベット額や初期設定額から、自分が賭けたい額を選びます。
  2. ベット対象の選択:次に、ゲームの結果を予想し、「バンカー勝利」か「プレイヤー勝利」のいずれかに賭けます。
  3. カードの配布:ディーラーがバンカーとプレイヤーにそれぞれ2枚のカードを配ります。条件によっては3枚目のカードが配られることもありますが、4枚目以降は配られません。
  4. 勝敗の判定:配られたカードの合計値の下1桁が9に近い方が勝利します。
  5. 配当の獲得:予想が当たった場合は配当を獲得し、外れた場合はベット額が没収されます。

ミニバカラの特徴
ミニバカラは、通常のバカラと比べて以下の特徴があります:

  • シンプルなルール:ルールが簡単で、駆け引きが少ないため、初心者でもすぐに理解できます。
  • 短時間で結果が出る:ゲームの進行が速く、短時間で結果が出るため、気軽に楽しめます。
  • 少額のベット:他のカジノゲームに比べて少額のベットで遊べるため、初心者に適しています。

歴史と背景
バカラは15世紀に貴族の間で始まり、19世紀にはヨーロッパ全域でカジノゲームとして普及しました。バカラにはミニ、ミディ、ビッグの3種類がありますが、ミニバカラはそのシンプルさと少額のベットで人気があります。

ミニバカラとバカラの違い

ミニバカラとバカラの違い
バカラはカジノゲームの中でも特に人気が高く、シンプルなルールと高い還元率で知られています。その中でも「ミニバカラ」は、通常のバカラを簡略化したバージョンとして、多くのカジノで親しまれています。以下では、ミニバカラと通常のバカラの違いについて詳しく解説します。

 

1. テーブルサイズと雰囲気

  • ミニバカラ: ミニバカラのテーブルは通常のバカラよりも小さく、ディーラー1人とプレイヤー数人で行われます。テーブルリミットも低く設定されており、初心者や少額で楽しみたいプレイヤーに向いています。
  • 通常のバカラ: 通常のバカラ(ビッグバカラ)は大きなテーブルで行われ、ディーラーが複数人いることが多いです。高額なベットが行われることが多く、豪華な演出や雰囲気が特徴です。

 

2. ゲームの進行と演出

  • ミニバカラ: ミニバカラでは、カードの絞り(スクイーズ)などの演出が省略されており、ゲームの進行が非常にスピーディーです。これにより、短時間で多くのゲームを楽しむことができます。
  • 通常のバカラ: 通常のバカラでは、カードをゆっくりとめくる絞りの演出があり、緊張感とスリルを楽しむことができます。この演出は特にハイローラーに人気です。

 

3. ベットの範囲と還元率

  • ミニバカラ: ミニバカラのベット範囲は低く設定されており、少額から始められます。還元率も高く、例えばベラジョンカジノのミニバカラでは98.76%から98.95%とされています。
  • 通常のバカラ: 通常のバカラでは、ベット範囲が広く、高額なベットも可能です。還元率はミニバカラと同様に高いですが、テーブルリミットが高いため、資金に余裕のあるプレイヤー向けです。

 

4. プレイヤーの参加方法

  • ミニバカラ: ミニバカラでは、プレイヤーはディーラーが進行するゲームに対してベットを行うだけで、カードに触れることはありません。これにより、初心者でも気軽に参加できます。
  • 通常のバカラ: 通常のバカラでも基本的にはディーラーがゲームを進行しますが、プレイヤーがカードを扱うことができる場合もあります。これにより、よりインタラクティブな体験が可能です。

 

5. 歴史と普及

  • ミニバカラ: ミニバカラは、1990年代にラスベガスを中心に普及し、誰でも気軽に楽しめるバカラとして人気を博しました。これにより、バカラがより広く普及するきっかけとなりました。
  • 通常のバカラ: 通常のバカラは、15世紀のイタリアで貴族の間で始まり、19世紀にはヨーロッパ全域でカジノゲームとして定着しました。高級志向のゲームとして知られています。

 

まとめ
ミニバカラと通常のバカラは、基本的なルールは同じですが、テーブルサイズ、ゲームの進行、ベット範囲、プレイヤーの参加方法などに違いがあります。ミニバカラは初心者や少額で楽しみたいプレイヤーに向いており、通常のバカラは高額ベットや豪華な演出を楽しみたいプレイヤーに向いています。どちらもそれぞれの魅力があり、プレイヤーの好みに応じて選ぶことができます。

 

関連)バカラの必勝法