ポーカーのストレート、またぐのはOK?

ポーカーのストレート、またぐのはOK?

ポーカーのストレート、またぐのはOK?

ポーカーのストレート、またぐのはOK?

ポーカーにおける「ストレート」は、5枚のカードが連続した数字で構成される役です。

 

しかし、「数字をまたぐ」のは、特定の条件のときのみ。A(エース)を含むストレートの扱いには制限があります。

 

ストレートの基本ルール
ストレートは、5枚のカードが連続した数字で構成される役です。例えば、3, 4, 5, 6, 7や9, 10, J, Q, Kなどが該当します。この場合、スート(柄)は問われません。

 

A(エース)の扱い

  • A(エース)は、ストレートの中で特別な扱いを受けます。具体的には、以下の2つのパターンでのみ使用できます:
  • 1. A, 2, 3, 4, 5(「スティールホイール」とも呼ばれる)
  • 2. 10, J, Q, K, A(「ロイヤルストレート」とも呼ばれる)

 

これらのパターン以外で、Aをまたいで連続する数字の組み合わせ(例えば、Q, K, A, 2, 3)はストレートとして認められません。

 

ストレートの強さ
ストレートの強さは、最も高いカードのランクによって決まります。例えば、9, 10, J, Q, Kのストレートは、8, 9, 10, J, Qのストレートよりも強いとされます。

 

JQKA2はストレートとして成立しない

ポーカーにおいて、JQKA2の組み合わせはストレートとして成立しません。ストレートの成立条件は、5枚のカードが連続した数字であることが必要です。具体的には、以下のような組み合わせがストレートとして認められます:

  • 5-6-7-8-9
  • 10-J-Q-K-A
  • A-2-3-4-5

これらの組み合わせは、数字が連続しているためストレートとして成立します。しかし、JQKA2のようにKとAをまたいで2に続く組み合わせは、連続した数字とはみなされないため、ストレートとして認められません。
ポイント

  • ストレートの成立条件は、5枚のカードが連続した数字であること。
  • JQKA2の組み合わせは、連続した数字とはみなされないため、ストレートとして成立しない。
  • ストレートとして認められる組み合わせには、10-J-Q-K-AやA-2-3-4-5などがある。

 

まとめ
ストレートは5枚の連続した数字で構成される役。
A(エース)は、A, 2, 3, 4, 5または10, J, Q, K, Aのパターンでのみ使用可能。
Aをまたいで連続する数字の組み合わせはストレートとして認められない。