ルーレット 賭け方/カジノゲームの一覧の絶対の人の勝率

ルーレット 賭け方/カジノゲームの一覧の絶対の人の勝率

ルーレットの賭け方

ルーレットの賭け方/一覧

ルーレットはカジノの中でも非常に人気のあるゲームで、初心者でも簡単に楽しむことができます。以下では、初心者向けのルーレットの基本的な賭け方について解説します。

 

ルーレットは、ディーラーが回転するホイールにボールを投げ入れ、そのボールがどの番号に落ちるかを予想して賭けるゲームです。ホイールには0から36までの数字があり、アメリカンルーレットでは00も含まれます。

 

ルーレットの賭け方は大きく分けて「インサイドベット」と「アウトサイドベット」の2種類があります。

 

インサイドベット

 

インサイドベットは、ルーレットテーブルの内側部分、すなわち各数字部分に直接賭ける方式です。以下のような賭け方があります。

 

  • ストレートアップ:単一の数字に賭ける。配当は35:1。
  • スプリット:隣接する2つの数字に賭ける。配当は17:1。
  • ストリート:一列の3つの数字に賭ける。配当は11:1。
  • コーナー:4つの数字に賭ける。配当は8:1。
  • シックスライン:2列の6つの数字に賭ける。配当は5:1。

 

アウトサイドベットは、数字以外のエリアに賭ける方式です。以下のような賭け方があります。

 

  • 赤/黒:赤か黒のどちらかに賭ける。配当は1:1。
  • 偶数/奇数:偶数か奇数のどちらかに賭ける。配当は1:1。
  • ハイ/ロー:1-18(ロー)か19-36(ハイ)のどちらかに賭ける。配当は1:1。
  • ダズン:1-12、13-24、25-36のいずれかに賭ける。配当は2:1。
  • コラム:テーブル上の横1列いずれかに賭ける。配当は2:1。

 

初心者には、リスクが低く、勝率が比較的高いアウトサイドベットがおすすめです。特に以下の賭け方が良いでしょう。

 

赤/黒:勝率が約48.65%と高く、リスクが低い。
偶数/奇数:こちらも勝率が約48.65%。
ハイ/ロー:同様に勝率が約48.65%。

 

これらの賭け方は、リスクが低いため、初心者でも安心してプレイできます。

 

以下の賭け方は避けましょう。

 

オールナンバーベット:全ての数字に賭ける方法ですが、これは禁止されている上、必ず損をするので避けましょう。
ボーナススタッキング:複数のボーナスを併用して賭けることも禁止されています。

 

賭け方による勝率の変化

システムベットは、賭け金を変動させることで勝率を上げる戦略です。以下は代表的なシステムベットの種類です。

 

  • マーチンゲール法: 勝率50%の賭けに適用され、負けた場合に賭け金を倍にする戦略です。連敗が続くと賭け金が急増するリスクがあります。
  • ココモ法: 勝率が高く、連敗後に1回の勝利で利益を出す戦略です。賭け金の上昇が緩やかで、3倍配当の賭けに適用されます。
  • モンテカルロ法: 勝率33%、配当金3倍の賭けに適用される戦略です。ダズンベットやカラムベットに有効です。

 

勝率を上げるためのポイント
ヨーロピアンルーレットを選ぶ: ヨーロピアンルーレットはアメリカンルーレットよりもハウスエッジが低く、プレイヤーに有利です。
賭け方を理解する: 各賭け方のルールや配当、確率を理解し、自分に合った戦略を選ぶことが重要です。

 

関連)ヨーロピアン ルーレット

 

マーチンゲール法を駆使して勝利を掴む

ココモ法とモンテカルロ法は、それぞれ異なる特徴を持つベッティングシステムです。ココモ法は連敗後の大きな利益を狙う方法であり、モンテカルロ法は数列を利用してベット額を管理する方法です。どちらの方法も、適切に活用することでルーレットでの勝率を上げることが可能です。ただし、どちらの方法も資金管理が重要であり、無理のない範囲で実践することが求められます。

 

ルーレットのマーチンゲール法は、カジノゲームで非常に有名な賭け方の一つです。この方法は、負けた場合に次の賭け金を倍にすることで、最終的に一度の勝利で全ての損失を取り戻し、利益を得ることを目指します。

 

マーチンゲール法は非常にシンプルな賭け方です。以下の手順で行います:

 

  • 最初に一定の金額を賭ける(例えば1ドル)。
  • 負けた場合、次のゲームで賭け金を倍にする(2ドル)。
  • 再び負けた場合、さらに倍にする(4ドル)。
  • 勝つまでこのプロセスを繰り返す。
  • 勝った場合、最初の賭け金に戻る。

 

関連)ルーレット マーチンゲール法

 

この方法の理論的な強みは、最終的に一度勝てば、全ての損失を取り戻し、最初の賭け金分の利益を得られる点です。

 

ココモ法やモンテカルロ法を活用した攻略テクニック

ココモ法は、ルーレットやバカラなどの3倍配当のゲームで使用されるベッティングシステムです。この方法は、連敗が続いた後に大きな利益を得ることを目指しています。具体的には、以下の手順で進めます。

 

  • 初期ベット額を決定: 最初に賭ける金額を決めます。
  • 連敗時のベット額の増加: 2連敗した時点で、次のベット額は直近2回の賭け金の合計となります。
  • 勝利時のリセット: 勝った時点で、ベット額を初期ベット額に戻します。

 

例えば、初期ベット額を1ドルとした場合、以下のように進行します。

 

  1. 1ドル(負け)
  2. 2ドル(負け)
  3. 3ドル(負け)
  4. 5ドル(勝ち)

 

この方法のメリットは、連敗が続いた後に一度勝つだけで大きな利益を得られる点です。しかし、連敗が続くとベット額が急激に増加するため、十分な資金が必要です。

 

モンテカルロ法は、数列を利用してベット額を管理する方法で、特に2倍配当のゲームで効果を発揮します。この方法は、以下の手順で進めます。

 

  1. 数列の作成: 例えば「1・2・3」という数列を用意します。
  2. ベット額の決定: 数列の両端の数字を足した合計をベット額とします。例えば「1+3=4」で4ドルをベットします。
  3. 勝敗の記録: 勝った場合は数列の両端の数字を消し、負けた場合はベット額を数列の末尾に追加します。
  4. 終了条件: 数列が1つ以下になったら終了です。

 

例えば、以下のように進行します。

 

  • 数列: 1・2・3
  • ベット額: 4ドル(負け)
  • 数列: 1・2・3・4
  • ベット額: 5ドル(負け)
  • 数列: 1・2・3・4・5
  • ベット額: 6ドル(負け)
  • 数列: 1・2・3・4・5・6
  • ベット額: 7ドル(勝ち)

 

この方法のメリットは、大敗を防ぎやすく、止め時が明確である点です。また、数列を管理することでベット額を計画的に増減させることができます。

 

ダズンベットやストリートベットのメリットとデメリット

ストレートアップベットとスプリットベットは、どちらも高配当を狙える賭け方ですが、リスクとリターンのバランスが異なります。ストレートアップベットは一撃で大きなリターンを狙うハイリスク・ハイリターンの賭け方であり、スプリットベットはややリスクを抑えつつも高配当を狙える賭け方です。どちらの賭け方を選ぶかは、プレイヤーのリスク許容度や戦略に応じて決めると良いでしょう。

 

ダズンベットのメリットとデメリットは以下の通り。

 

メリット

  • 高い配当: ダズンベットは3倍の配当を狙うことができるため、当たった時のリターンが大きいです。
  • 広範囲をカバー: 1~12、13~24、25~36の3つのダズンエリアにベットするため、広範囲の数字をカバーできます。
  • 初心者向け: 賭け方がシンプルで、初心者でも理解しやすいです。

 

デメリット

  • 勝率が低い: 勝率は約33.33%で、他の賭け方に比べて低いです。
  • リスクが高い: 連敗が続くと賭け金が増え、リスクが高まります。

 

ストリートベットのメリットとデメリットは以下の通り。

 

メリット

  • 高い配当: ストリートベットは11倍の配当を得ることができます。
  • 複数の数字に賭けられる: 横に並んだ連続した3つの数字に賭けるため、単一の数字に賭けるよりも当たりやすいです。

 

デメリット

  • 勝率が低い: 勝率は約8.11%で、他の賭け方に比べて低いです。
  • リスクが高い: 高い配当を狙うため、リスクも高くなります。

 

スプリットベットやストレートアップベットの利用法

ストレートアップベットは、ルーレットの賭け方の中で最もシンプルであり、1つの数字に対して賭ける方法です。この賭け方は「1点賭け」とも呼ばれ、配当は36倍(35:1)となります。ストレートアップベットの的中率は1/37(約2.7%)であり、非常に低い確率ですが、その分当たったときのリターンが大きいのが特徴です。

 

  • 数字の選択: 0から36までの数字の中から1つを選びます。
  • チップの配置: 選んだ数字の上にチップを置きます。
  • 結果の確認: ディーラーがボールをホイールに投げ入れ、ボールが止まった数字が自分の選んだ数字と一致すれば勝利です。

 

メリット: 配当が非常に高い(36倍)。
デメリット: 的中率が低く、リスクが高い。

 

スプリットベットは、隣接する2つの数字に対して賭ける方法です。チップを2つの数字の間の線上に置くことで、両方の数字に賭けることができます。配当は18倍(17:1)で、ストレートアップベットよりも的中率が高くなりますが、それでも2/37(約5.4%)と低い確率です。

 

  • 数字の選択: 隣接する2つの数字を選びます。
  • チップの配置: 選んだ2つの数字の間の線上にチップを置きます。
  • 結果の確認: ディーラーがボールをホイールに投げ入れ、ボールが止まった数字が自分の選んだ2つの数字のいずれかであれば勝利です。

 

メリット: ストレートアップベットよりも的中率が高い(約5.4%)。
デメリット: 配当はストレートアップベットよりも低い(18倍)。

 

奇数や偶数、赤黒などのカラムベットの魅力

カラムベット(コラムベット)は、ルーレットの賭け方の一つで、テーブル上の横方向に並んだ12個の数字に対して賭ける方法です。

 

カラムベットは、その高い的中率とシンプルなルール、安定した配当などの魅力から、多くのルーレットプレイヤーに支持されています。また、他の賭け方と組み合わせることで、さらに戦略の幅を広げることができるため、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーに適した賭け方と言えるでしょう。

 

高い的中率
カラムベットは、全37個の数字のうち12個に賭けるため、的中率は約32.4%と比較的高いです。これは、他の賭け方と比べて勝ちやすいという利点があります。

 

シンプルなルール
カラムベットは、テーブルの横一列に賭けるだけというシンプルなルールで、初心者でも簡単に理解して実践できます。

 

安定した配当
カラムベットの配当は3倍です。これは、リスクを抑えつつも、適度なリターンを期待できるため、長期的にコツコツと利益を積み重ねるのに適しています。

 

戦略の多様性
カラムベットは、他の賭け方と組み合わせることで、さらに戦略の幅を広げることができます。例えば、2コラム2ダズン法では、カラムベットとダズンベットを組み合わせて賭けることで、全37個の数字のうち32個をカバーし、勝率を高めることができます。

 

リスク管理がしやすい
カラムベットは、比較的低リスクな賭け方であり、大きな損失を避けながらゲームを楽しむことができます。これは、特に初心者やリスクを抑えたいプレイヤーにとって魅力的です。

 

ルーレットの禁止行為

ルーレットの禁止行為について、オンラインカジノとランドカジノの両方で共通する禁止事項を以下にまとめます。

 

オンラインカジノのルーレット禁止行為

 

オポジットベット(両張り)
赤と黒、奇数と偶数、ハイとローなど、相反する結果に同時に賭ける行為は「オポジットベット」と呼ばれ、禁止されています。

 

オールナンバーベット
ルーレットの全ての数字に賭ける行為。これは、プレイヤーが確実に当てることができるが、賭け金の総額が配当を上回るため、損をすることになります。

 

2ティアベット(2重賭け)
ベットした金額とリターンされる金額が限りなくゼロに近づく方法で賭ける行為。具体的には、赤と黒、奇数と偶数、ハイとロー、ダズン、コラムなどに同時に賭けることが該当します。

 

高すぎるカバー率の複数ベット
ルーレットの多くの数字をカバーするようなベット。例えば、25個以上の数字をカバーするスプレッドベットなどが禁止されています。

 

ボーナススタッキング
複数のボーナスを併用して賭ける行為。これは、ルーレットだけでなく、オンラインカジノのすべてのゲームにおいて禁止されています。

 

NO MORE BET後のベット
ディーラーが「No more bet」と宣言した後のベットは、オンラインカジノでもランドカジノでも禁止されています。

 

ランドカジノのルーレット禁止行為

 

ランドカジノでも、オンラインカジノと同様の禁止行為が存在します。特に、以下の行為が禁止されています。

 

オポジットベット(両張り)
オンラインカジノと同様に、相反する結果に同時に賭ける行為は禁止されています。

 

メモを取る行為
ランドカジノでは、メモを取る行為が禁止されていますが、オンラインカジノでは許可されています。

 

NO MORE BET後のベット
ディーラーが「No more bet」と宣言した後のベットは、ランドカジノでも禁止されています。

 

これらの禁止行為に触れると、オンラインカジノではアカウントの凍結や出金停止、ランドカジノでは退席や出入り禁止などの処罰が科されることがあります。ルールを守って楽しくプレイすることが重要です。

 

ナンバーベットやコーナーベットでの攻略術

ナンバーベットやコーナーベットは、ルーレットにおける高配当を狙うための戦略として有効です。特に、9ナンバーベット法やマンシュリアン法は、負けた場合に次のベット額を増やすネガティブプログレッシブを適用することで、勝率を高めることができます。ただし、これらの戦略はリスクも伴うため、資金管理をしっかりと行うことが重要です。

 

9ナンバーベット法
9ナンバーベット法は、特定の9つの数字に賭ける戦略です。この方法には2つのバリエーションがあります。

 

キャノンシステム
9つの数字に賭ける方法で、特定の数字に連続して賭けることで勝率を上げる戦略です。
5連敗した場合、次のベット額を増やすネガティブプログレッシブを適用します.

 

9ナンバー戦略その2
13-21の9つの数字に賭ける方法で、負けた場合に次のベット額を増やすネガティブプログレッシブを適用します。
勝率は24.32%で、5回のラウンド中に1回は当たる確率があります.

 

マンシュリアン法
マンシュリアン法は、コーナーベットを使用する戦略で、4つの数字に賭ける方法です。

 

賭け方
4つの隣接する数字に賭ける方法で、配当は9倍です。
負けるたびに賭ける場所(数字)を増やしていくことで、勝率を高めながら利益を出す戦略です.

 

その他のコーナーベット戦略
コーナーベット
4つの数字に賭ける方法で、配当は9倍です。
勝率は10.8%で、比較的高い配当を狙うことができます.

 

ティアベットやダブルストリートベットの使い分け

ティアベットとダブルストリートベットは、それぞれ異なる特徴を持つ賭け方です。ティアベットは特定のセクションに集中して賭けるため、特定のセクションにボールが落ちる確率を高めることができます。一方、ダブルストリートベットは、6つの数字に賭けるため、当たる確率は低いですが、配当が高いため、リターンが大きくなります。プレイスタイルやゲームの種類に応じて、これらの賭け方を使い分けましょう。

 

ティアベット(Tiers Bet)
ティアベットは、フレンチルーレットでよく使われる賭け方の一つで、ホイール上の特定のセクションに賭ける方法です。具体的には、ホイール上で隣り合う12個の数字に賭ける方法です。この賭け方は、ホイールの特定の部分に集中して賭けるため、特定のセクションにボールが落ちる確率を高めることができます。

 

ダブルストリートベット(Double Street Bet)
ダブルストリートベットは、インサイドベットの一種で、2つの隣り合うストリート(3つの数字が並んだ列)に賭ける方法です。合計6つの数字に賭けることになり、配当は5:1です。この賭け方は、インサイドベットの中でも比較的リスクが低く、バランスの取れた賭け方とされています。

 

リスクとリターンのバランス
ティアベットは、ホイールの特定のセクションに集中して賭けるため、特定のセクションにボールが落ちる確率を高めることができますが、賭ける範囲が広いため、リターンは比較的低くなります。
ダブルストリートベットは、6つの数字に賭けるため、当たる確率はティアベットよりも低いですが、配当が高いため、リターンが大きくなります。

 

プレイスタイル
ティアベットは、特定のセクションに集中して賭けるため、ホイールの特定の部分にボールが落ちる傾向があると感じるプレイヤーに向いています。
ダブルストリートベットは、インサイドベットの中でも比較的リスクが低いため、バランスの取れた賭け方を好むプレイヤーに向いています。

 

ゲームの種類
ティアベットは、フレンチルーレットでよく使われる賭け方であり、特定のセクションに賭けるため、フレンチルーレットをプレイする際に有効です。
ダブルストリートベットは、アメリカンルーレットやヨーロピアンルーレットでも使える賭け方であり、どのルーレットでも利用可能です。

 

ベアビック法やフラワーベット戦略をマスターする

ベアビッグ法とフラワーベット法は、それぞれ異なる特徴と賭け方を持つルーレットの必勝法です。

 

ベアビッグ法は高い勝率と損失管理が特徴で、初心者でも使いやすい方法です。一方、フラワーベット法は高配当を狙えるものの、当たる確率が低いためリスクが高いです。どちらの方法も、ルーレットでの勝率を上げるために有効ですが、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で使いましょう。

 

ベアビッグ法の特徴と使い方は以下の通り。

 

  • 勝率: 理論上の勝率は94.6%と非常に高い。
  • 利益: 連勝しやすく、大きな利益に繋げやすい。
  • 損失管理: ハズレたときの損失をコントロールできる。
  • デメリット: ベット額に対する利益の割合は低く、ハズレたときの損失が大きい。また、ベットが多く手間がかかる。

 

賭け方
ストレート・アップ: 配当倍率が最も高いストレート・アップ(1つの数字に賭ける)を使用します。
賭ける場所: 36倍の配当が得られるストレート・アップで35か所に賭けます。これにより、1つの数字が当たれば大きな利益が得られます。

 

フラワーベット法は、ルーレット専用の必勝法で、賭ける際のチップの形が花のように見えることからその名がついています。

 

  • 高配当: ストレートベットの36倍を超える、最大144倍の配当を狙うことができます。
  • 専用性: ルーレット専用の必勝法で、他のテーブルゲームでは利用できません。
  • デメリット: 当たる確率は低く、狙った数字にベットしても外れる可能性が高い。

 

賭け方
チップの配置: 賭ける際のチップを花の形に配置します。具体的には、コーナーベットやスプリットベットを組み合わせて、複数の数字に賭ける方法です。
カバー範囲: 37個ある数字のうち12個をカバーすることができます。これにより、当たる確率を高めることができます。

 

関連)ルーレットに必勝法はある?