ルーレット マーチンゲール/実践のゲームの結果

ルーレット マーチンゲール/実践のゲームの結果

ルーレットでマーチンゲール

ルーレットのマーチンゲール/ゲーム
マーチンゲール法は、カジノゲームで常に勝つためのシステムとしてよく提案される戦略ですが、実際にはそうではありません。この戦略は、連続した負け後にベット額を倍増させることを前提としています。たとえば、プレイヤーが赤に賭けて負けた場合、次に黒に賭けて勝つと、最初のベット額を失った金額を取り戻すことができます。

 

この戦略は、プレイヤーが最終的に勝つまで負け続ける限り、常に利益を上げることができると想定しています。

 

ただし、これは実際には起こりません。ルーレットの赤と黒のペアには、50/50の確率があります。つまり、プレイヤーは赤に賭けて負ける可能性は常に50%です。マーチンゲール法を採用した場合、プレイヤーは勝つまで負け続ける可能性があります。これは、最終的に負けが積み重なり、プレイヤーがすべての資金を失うことにつながる可能性があります。

 

マーチンゲール法は常に勝つためのシステムではありません。長期的には、プレイヤーは常に負ける可能性があります。マーチンゲール法を使用する前に、そのリスクを認識することが重要です。

 

ルーレットのマーチンゲール法のやり方

ルーレットのマーチンゲール/マーチンゲール法
ルーレットのマーチンゲール法は、非常にシンプルな賭け方で、負けた場合に次のゲームで賭け金を倍にするという方法です。この方法は、最終的に1回でも勝てばそれまでの損失をすべて取り戻し、さらに初期の賭け金分の利益を得ることができます。以下に、具体的なやり方とその特徴を説明します。

 

マーチンゲール法の基本的なやり方は以下の通りです。

 

  1. 初期ベット額を決める: まず、最初に賭ける金額を決めます。例えば、1ドルとします。
  2. 賭ける場所を選ぶ: ルーレットでは、赤/黒、奇数/偶数、ハイ/ローなど、勝率が約50%の賭け方を選びます。
  3. ゲームを開始する: 最初のゲームで1ドルを賭けます。
  4. 結果に応じて次の賭け金を決める
  5. 勝った場合: 初期ベット額に戻り、再び1ドルを賭けます。
  6. 負けた場合: 賭け金を倍にして次のゲームに賭けます。例えば、2ドルを賭けます。
  7. 繰り返す: 勝つまでこのプロセスを繰り返します。勝った時点で、すべての損失を取り戻し、初期ベット額分の利益が得られます。

 

関連)マーチンゲール法は勝てない?

 

以下は、7ゲームのシミュレーションの例です。

 

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益
1 1ドル 負け 1ドル
2 2ドル 勝ち +1ドル
3 1ドル 勝ち +2ドル
4 1ドル 負け +1ドル
5 2ドル 勝ち +3ドル
6 1ドル 負け +2ドル
7 2ドル 勝ち +4ドル

 

この例では、最終的な損益はプラス4ドルとなっています。

ルーレットのマーチンゲール法のメリットとデメリット

 

メリット
シンプルなルール: 賭け金を倍にするだけなので、初心者でも簡単に実践できます。
損失の回収: 1回の勝利でそれまでの損失をすべて取り戻せるため、理論上は負けないとされています。

 

デメリット
資金のリスク: 連敗が続くと賭け金が急激に増加し、大きな資金が必要になります。例えば、10連敗すると次の賭け金は1024ドルになります。
テーブルリミット: カジノには賭け金の上限が設定されているため、連敗が続くと賭け金を倍にできなくなり、システムが破綻する可能性があります。

 

注意点
資金管理: マーチンゲール法を使用する際は、十分な資金を用意し、賭け金の上限を確認しておくことが重要です。
損切りのタイミング: 連敗が続いた場合の損切りタイミングを事前に決めておくことが推奨されます.

 

マーチンゲール法は、短期的には有効な戦略ですが、長期的にはリスクが高いため、慎重に使用することが求められます。

 

関連)ルーレットに必勝法はある?